輸血療法は、血液成分の欠乏あるいは機能低下により生じた病態に対して、献血によって得られた治療用血液を補充(輸血)して改善を図る補充療法です。

例えば、事故に遭い大量に出血してしまった場合や、病気によって血液の成分をうまく造れなくなった場合などに輸血が必要となる事があります。

輸血検査では、患者様に安全な血液製剤を迅速に供給できるよう、各種血液製剤の管理や輸血前検査を行っています。

輸血用の血液製剤の適応や使用方法が適切でないと、治療効果が得られないばかりか、時には致命的な副作用や合併症を起こすことがあります。

安全な輸血を行うためにはABO血液型検査、Rh(D)血液型検査、不規則抗体スクリーニング検査、交差適合試験等の検査を行う事が必要です。

そのため専門的な知識と技術を持った臨床検査技師が24時間体制で輸血検査に対応しています。

不規則抗体スクリーニング検査は、輸血をする際に患者様がABO血液型以外の赤血球抗原に対する抗体を保有していないかを調べる検査です。

不規則抗体を保有している場合、副作用が起きないようにABO血液型だけでなく、他の特別な血液型も型を合わせるなどの対応が必要になり、血液を準備するための時間を通常より要する事があります。輸血が予想される場合に事前に検査しておくことで安全な血液製剤を素早く提供できます。

交差適合試験は輸血療法を行う前に必ず実施する検査で、最終的に患者様に血液製剤を輸血して大丈夫かどうかを調べる検査です。

その他にも、輸血事故防止のために様々な手段を用いて輸血に必要な情報を提供できるよう努めています。

Sample

Sa,ple