検査部のご案内

輸血検査

臓器移植では、提供する人(ドナー)の臓器と移植を受ける人(レシピエント)の相性をみる組織適合性検査が行われます。主な検査としては、HLAタイピング、リンパ球クロスマッチなどがあります。

術前に検査を行うことで、超急性拒絶反応の回避、拒絶反応の軽減、レシピエントの同種抗原に対する免疫応答の推測することができます。リスクが高い場合は、脱感作療法を行うなど拒絶を抑える対策をする場合があります。

術後にも組織適合検査を行うことで、抗体関連型、拒絶反応の診断、治療効果判定などに役立ちます。

(1)HLA検査

白血球をはじめとする全身の細胞には、ヒト白血球抗原(HLA:Human Leucocyte Antigen)と言われる型があります。HLAは両親からそれぞれ半分ずつ受け継ぐため、親子や兄弟の間でも一致する確率は低く、まして非血縁間では数百〜数万分の1の確率でしか一致しないといわれています。臓器移植では、自分のHLAのタイプに合わないものはすべて異物と認識して攻撃を始めてしまうため、HLAの適合性が重要視されます。ミスマッチが少ないほど生着率が高いとされています。またドナーのHLA はレシピエントがドナー特異抗体(DSA:Donor Specific Antibody)を持っているか推測する上で極めて重要な情報となります。

DNAタイピングPCR-SSP(sequence specific primers)法

① DNAサンプルを抽出

末梢血を溶血させて白血球を分離し、DNA抽出

抽出したDNAをタイピングトレーに分注

② PCR(ポリメラーゼ連鎖反応、polymerase chain reaction)

DNA増幅

③ 電気泳動

PCR産物をアガロースゲルに分注

電気泳動

④ 特異バンドを確認し写真撮影(紫外線照射)

⑤ 解析ソフトにて判定

ポジティブバンドが検出された
ウェルの位置を解析ソフトに入力し、判定

⑥ HLA型判定

ミスマッチの有無やドナー特異抗体の確認をします。
上記の場合、父(ドナー)から子(レシピエント)への移植であるため、HLA型が半分一致しています。
腎移植で重要なA,B,DRにて、3/6ミスマッチになります。

(2)リンパ球クロスマッチ

ドナーのリンパ球(Tリンパ球、Bリンパ球)とレシピエントの血清をかけあわせ、拒絶反応の起こりやすさを予測する検査です。

一般的には、血清学的手法であるリンパ球細胞傷害性試験法(Complement-dependent cytotoxicity ,CDC法)が行われますが、より高感度なフローサイトメトリーを用いた方法(Flow Cytometry CrossMach,FCXM)もあります。抗HLA抗体を同定するフローPRA法と組み合わせることで、ドナー特異抗体を特定することができます。

① 血液の処理

ACD加血を比重遠心法で処理する

② Tcell、Bcell分離

TおよびBリンパ球以外の細胞に抗体と磁気ビーズを結合させ、これを磁気で除去する

③ ブレートに分注

プレートにドナーとレシピエントのTcell、Bcellと血清をそれぞれかけあわせ、冷温(4℃)と体温に近い36℃で補体を加え反応させ、蛍光染色をして判定する。

④ 判定

蛍光顕微鏡

≪反応原理≫

陰性

陽性

一般に障害率10%以下であれば陰性とされますが、移植適応基準は施設によってさまざまです。

腎移植の場合、Tcellの反応が陽性の場合は超急性拒絶反応を起こす可能性が高く、これまで移植禁忌とされていました。しかし今日では医学の進歩により術前に脱感作療法等することで移植する症例も増えていっています。

フローサイトメトリーを使ってリンパ球クロスマッチをするFCXM法は、このCDC法より高感度で、非補体依存性抗体も検出可能という特徴があります。しかし、FCXM法はまだ歴史が浅く、高額の機器や試薬を必要とするため、一般の施設にはあまり普及していません。

また、移植禁忌のカットオフレベルは未だ標準化されていないため、FCXM法で陽性であっても必ずしも移植禁忌となるわけではありません。移植後の抗体産生や抗体価動向のモニタリングでも活用されています。

ページの先頭へ