検査部のご案内

生理検査-心電図検査

心電図検査

心電図検査

心電図とは…心臓の筋肉が全身に血液を循環させるために拡張と収縮を繰り返す時、微弱な活動電流が発生します。その電気的刺激を記録したものが心電図検査です。虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、不整脈等を調べます。

【心電図の種類】

安静時心電図

ベッドに仰向けに寝て検査します。胸に6ヶ所、両手首・両足首の4ヶ所に電極をつけます。

負荷心電図検査

運動により心臓に一定の負荷(負担)をあたえて、心臓の筋肉の変化を心電図で観察する検査です。

安静時には胸の症状(胸痛・不整脈)がないのに、運動時に胸の症状がでる病気に狭心症があります。

狭心症は心筋梗塞にも移行する可能性もあり、大変危険な状態です。

狭心症が疑われる場合には、安静時には心電図に異常が出現していないことが多いため、運動により意図的に心筋に酸素が不足している状態(虚血)を誘発させ、心電図異常の有無を調べていきます。

運動負荷としては主に以下の3つの方法があります。

①マスター心電図

2段の階段を一定時間(1.5分~4.5分)に年齢・性別・体重に応じた規定回数を階段昇降運動していただき、運動前後の心電図変化を調べます。

運動中に胸痛・胸の違和感が生じた場合や足が痛くなった場合等、何か体調に変化が生じた場合には、ただちに教えてください。

②トレッドミル検査

胸に心電図電極、腕に血圧計を巻いてベルトコンベア上を歩行運動していただき、運動中の心電図変化を調べる検査です。

傾斜のないゆっくりとながれるベルトからはじまり、徐々に速度と傾斜がきつくなります。
段階が進むにつれ早足~走っていただく程度の速さになります。

目標とする心拍数に達した場合、胸の症状や心電図・血圧に変化がでた場合、疲労感・足の疲れなど運動を続けるのが難しくなった場合に運動を終了いたします。

運動後は、心拍数・血圧が落ち着くまで心電図変化や血圧を観察いたします。

*心負荷の強い検査ですので、医師の管理下で検査を行います。

③エルゴメーター検査

胸に心電図電極、腕に血圧計を巻いて自転車負荷装置でペダルをこいでいただき、運動中の心電図変化を調べる検査です。

ペダルは徐々に重くなっていき、運動がきつくなっていきます。

目標とする心拍数に達した場合、胸の症状や心電図・血圧に変化がでた場合、運動を続けるのが難しくなった場合(疲労感・足の疲れなど)に、運動を終了いたします。

運動後は、心拍数・血圧が落ち着くまで心電図変化や血圧を観察いたします。

*心負荷の強い検査ですので、医師の管理下で検査を行います。

ホルタ―心電図

ホルター心電図は、胸にシール状の電極を貼り付け,それにつないだ小型軽量の装置を身につけて、24時間心電図を記録し、これを解析して観察する検査です。

夜間や運動時・症状出現時に記録されている為、不整脈の性状・頻度の解析、虚血性心疾患の発見、人工ペースメーカーの機能判定に有効です。

ページの先頭へ