検査部のご案内

検体検査(生化学)

生化学検査とは・・・

血液や尿などに含まれている蛋白やブドウ糖をはじめ様々な酵素、脂質類やミネラルなどの生命活動を維持する為には欠かせない物質を測定します。

これらの物質は健康状態の目安として、病気の診断はもちろん治療効果や予後の判定に重要な意味をもっています。

検査の目的 主な検査項目
心臓 CK(CPK)・CK-MB・LD
肝・胆道系 AST・ALT・ALP・γ‐GTP・ChE・総ビリルビン・抱合型ビリルビン
膵臓 AMY
腎臓 尿素窒素(BUN)・クレアチニン・尿酸
糖尿病関連 血糖・HbA1c
動脈硬化 総コレステロール・中性脂肪・HDL‐コレステロール・LDL‐コレステロール
貧血 血清鉄・不飽和鉄結合能
骨代謝 カルシウム・無機リン

免疫(血清)検査とは・・・

体外から入ってくる病原体(細菌やウイルス)に対して体内が抵抗する働きを「免疫」と呼びます。細菌やウイルス(抗原)に感染すると体内では抗体が作られます。

免疫検査では、この抗体の有無や量を調べることで病気の診断に使用されています。

この他に免疫反応(抗原抗体反応)を利用して微量な物質(ホルモン・腫瘍マーカー)を測定する検査も免疫検査に含まれます。

検査の目的 主な検査項目
感染症 HBs抗原・HBs抗体
HCV抗体
HIV抗体
HTLV-1抗体
TPHA・RPR
甲状腺関連ホルモン FT3・FT4・TSH
腫瘍マーカー CEA・CA19-9・AFP・PSA
心疾患関連マーカー 心筋トロポニン・BNP

ページの先頭へ