検査部のご案内

検体検査(細菌検査室)

一般細菌検査

患者さまから採取した検体(喀痰・尿・血液・便など)を直接スライドガラスに塗布し、グラム染色を実施し微生物や炎症反応を観察、また微生物の色調・形態より病原微生物の推定を行います。また、微生物が発育するのに適切な栄養を含む培地に塗布し1〜2日培養し発育させます。発育してきた集落(コロニー)を用いて、自動同定感受性測定器等によって菌名の同定および薬剤の感受性を測定し病原微生物名とこの菌に有効な薬剤を探します。

抗酸菌検査

結核の原因となる結核菌などが抗酸菌と呼ばれ、チールネルゼン染色にて赤く染まります。

結核菌は空気感染するため取り扱いには十分注意が必要です。

また抗酸菌の多くは発育に時間が掛かるため遺伝子検査なども行う事で迅速な結果報告が可能となります。

迅速抗原検査

インフルエンザや肺炎球菌など早急に対応しなければいけない様な微生物を検出するために迅速抗原キットを用いて確定します。

ページの先頭へ