医療水準が向上し、医療関連感染防止対策は、より質の高い対策が必要となっています。

ICTは、院内感染等の発生防止に関し、迅速かつ機動的に活動することを目的とした実働部隊です。医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、栄養士、理学療法士など、様々な職種が集まり、各々の専門性を尊重して、組織横断的に業務を遂行しています。

主な活動内容は、①院内感染発生状況のサーベイランスと評価、②院内環境ラウンドによる現場の感染管理状況の監視・指導、③アウトブレイクの早期発見・早期対応、④抗菌薬適正使用に向けた取り組み、⑤院内感染防止などに関与する職員教育・研修、⑥感染対策マニュアルの作成と改訂、などです。

臨床検査技師は、細菌検査結果を最初に知ることから、院内感染の発生などの情報発信の拠点となります。ベースラインからのズレに早く気付くことで、アウトブレイクの早期発見と介入に大きく関与しています。また、アンチバイオグラム(抗菌薬感受性率を集計した表)を作成することで、感染症の起炎菌が推定された場合に効果が期待される抗菌薬が選択でき、日常診断においても有用に活用されています。

ICT会議

ICT会議

ICT勉強会

ICT勉強会

病棟ラウンド1

病棟ラウンド1

病棟ラウンド2

病棟ラウンド2