職場紹介

屋久島徳洲会病院(鹿児島県)

【屋久島病院】 

屋久島唯一の病院として数多くの検査を実施しています。
現在検査技師は5名で検体検査、生理検査、心エコー、細菌検査、採血業務、眼科業務など幅広く行っており、様々な検査を行うことが出来るのが魅力の一つです。
また夜間、休日は待機者1名にて対応しています。

島唯一の病院なので、色々なことに対応していかなければなりません。
その中でも大きな特徴として「院内血輸血」があります。
院内血とは、
当院が離島であるため血液製剤が発注から到着まで4~5時間程度かかります。夜間や緊急輸血等の場合、血液製剤の到着を待つことができません。そのため屋久島の住民の皆様から血液を提供して頂き、その血液を使用する輸血のことです。
この院内血輸血は1500ml/月程度行われています。

今後としては、
放射線科が行っている心エコー以外のエコー業務、病棟採血やその他検査業務などいろいろなことに挑戦していきたいと考えています。

診療科目

基本情報

開 設 平成9年07月01日
病床数 一般139床・結核病床1床の計140床

交通アクセス

所在地 〒891-4205  熊毛郡屋久島町宮之浦2467

車でご来院の方

  • ・宮之浦港より車で約5分 
    ・安房港より車で約25分  
    ・屋久島空港より車で約15分

病院へのお問い合わせ(総合窓口)

関連リンク

ページの先頭へ