職場紹介

宇和島徳洲会病院(愛媛県)

【宇和島徳洲会病院】

宇和島徳洲会病院検査科は、検体検査や生理検査のほかに移植関連検査も実施しています。検査技師数は少ないですが、検体業務やエコーなど一人ひとりが幅広く業務を行い、連携しながら運営しています。当院は生体腎移植をおよそ週一回のペースで行っており、臨床研究として修復腎移植も行っています。移植関連検査として、リンパ球ダイレクトクロスマッチ検査やHLAタイピング検査をはじめ、免疫抑制剤の血中濃度も即日検査対応しています。2017年1月より新たに細菌検査室を立ち上げました。救急受け入れ時には医師・看護師と共に携わり、緊急検査や他職種の手伝いも積極的に行っています。愛媛県の南予地区では定期的に検査技師が集まり、生理検査研修会(毎月)、細菌検査研修会(三カ月に一回)を開催しており、症例発表や勉強会、エコーハンズオンなどを通し、近隣の検査技師とも交流をしています。

診療科目

基本情報

開 設 平成16年04月01日
病床数 300床 (稼働病床数 273床) 一般病床:133床 障害者病棟:54床 回復期リハビリ病棟:32床 介護療養病床:54床

交通アクセス

所在地 〒798-0003  宇和島市住吉町2-6-24

車でご来院の方

  • ・松山自動車道 松山ICまたは伊予ICより宇和島方面へ
    「宇和島朝日IC」で降り、すぐの信号を右方向へ
    (所要時間 約90分)

    ・高知自動車道 高知ICより須崎東ICを降り、檮原方面へ
    国道197号線経由、国道320号線で宇和島方面へ
    (所要時間 約2時間30分)

電車でご来院の方

  • ・JR宇和島駅(予讃線・予土線)
    JR宇和島駅から当院までは、無料送迎バス(10~35分)またはタクシー(10分)が利用できます。

病院へのお問い合わせ(総合窓口)

関連リンク

ページの先頭へ