職場紹介

高砂西部病院(兵庫県)

【高砂西部病院】

現在臨床検査技師7名で業務している。休日・祝日も当直体制で入院・救急患者の緊急検査を実施している。特化した診療科がないが救急件数は多い方であり地域医療に貢献している。徳洲会の強みである循環器系が当院には現在ないので心エコー件数などは少ないが幅広い検査を行わなくてはいけない為、ジェネラリストの育成に力を入れている。現在、スタッフ全員に超音波検査ができるように教育中である。最終的には誰でも応援業務に行けるような体制作りを構築中である。

診療科目

基本情報

開 設 平成15年07月01日
病床数 219床

交通アクセス

所在地 〒676-0812  高砂市中筋1-10-41

車でご来院の方

  • 病院は、国道250号線 (明姫幹線) の 『高砂西ランプ』 交差点の角にあります。
    姫路 (加古川) バイパスで神戸方面からお越しの場合は、『高砂北』 出口で降り、国道2号線を西へ、『豆崎東』 交差点を左折し、直進してください。姫路方面からは姫路バイパス 『高砂西』 出口を降りてすぐ左折です。

電車でご来院の方

  • JR神戸線 『曽根駅』 下車、改札を出て右手へ、しばらく歩いて突き当たりを右へ。歩道橋を越えて降りたところをUターンしてください。途中で道路を渡り、また同じ方向に歩いていただければ病院が左手に見えてきます。
    所要時間は徒歩で7~8分程度、駅前からタクシーもご利用いただけます。

病院へのお問い合わせ(総合窓口)

関連リンク

ページの先頭へ