職場紹介

野崎徳洲会病院(大阪府)

【野崎徳洲会病院】
これからどんな所で働きたいのか、何をやっていきたいのか模索中の臨床検査技師のたまごの皆さんへ
野崎徳洲会病院教育プランを紹介します。
自分に合った職場選びのお手伝いが出来ればと思っています。
気軽に見学にいらして下さい。  
入職一年目…目標:やりたいことを見つける
①細胞胞検査士をすでに取得している場合→入職後すぐに病理部門に配属し実務研修を行います。希望者には他の部門の研修も可能です。
例えば細胞検査士と超音波検査士のダブルライセンス取得も可能。
 細胞検査士取得希望者には支援体制構築中
②検体検査と生理検査のローテーション→血液像や測定機器の精度管理の研修
③検体検査と生理検査のローテーション→細菌検査の研修
④検体検査と生理検査のローテーション→超音波検査の研修(腹部)
⑤検体検査と生理検査のローテーション→超音波検査の研修(心臓)
などの専門分野に分かれ研修を行っていきます。
各部門で教育者がつき個人の習得ペースに合わせマンツーマンで研修を行います。
学会への入会や勉強会への参加も推奨しており、先輩技師から現在のレベルに合った勉強会を紹介しています。
基本的に配属部門は希望を優先しています。
入職二年目…目標:一人で歩きはじめる
希望者は緊急検査士や二級検査士の取得を目指します。
過去の筆記試験や実技試験をまとめた対策資料あり、資格取得者が試験対策をサポートし、合格率を上げています。
委員会活動や医療講演など検査科外での活動も積極的に行っていきます。
入職三年目以降:後輩を育てていく
配属が超音波検査(生理検査)の場合:超音波検査士の受験資格が得られます(学会入会の必要あり)。
受験資格に必要な超音波専門医の推薦や必要な症例が当院にはあります。
消化器、循環器、体表臓器、血管、泌尿器、健診領域など一人の技師が複数領域の資格を習得しています。
その他、検査科の人材教育や部署運営にも深く関わっていきます。

診療科目

基本情報

開 設 昭和50年10月01日
病床数 218床

交通アクセス

所在地 〒574-0074  大東市谷川2-10-50

車でご来院の方

  • 府道8号線を奈良生駒方面へ、大東市民会館を越えてしばらくすると左側に見えます。

電車でご来院の方

  • •JR学研都市線にて京橋駅より四條畷方面約15分(JR東西線と直通運転)
    •住道駅下車徒歩約18分(住道駅南口より病院送迎バスあり)

病院へのお問い合わせ(総合窓口)

関連リンク

ページの先頭へ