職場紹介

名古屋徳洲会総合病院(愛知県)

【名古屋徳洲会総合病院】

人員構成は臨床検査技師15名・病理医1名、当直・呼び出し体制により24時間対応です。健診・ICT・NST・治験業務などチーム医療への参画、各種認定試験、日本医師会・臨床検査技師会精度管理への取り組み、各診療科カンファレンス参加など医療人として目的意識を持つ事で信頼される検査データを提供できるよう日々努力しています。
電子カルテおよび検査各部門システムは順次更新され更なるシステム化が進んでいます。
中央検査部門では外来採血、一般、生化学、血液、免疫血清、輸血検査を行っています。電子カルテにより医師の検査オーダーを正確に受け、バーコード管理により検査結果がより迅速に報告できるシステムになっています。外来採血では検査技師が参画することで必要な採血管の選択や採血量の把握を的確に行います。輸血検査も24時間対応可能で緊急手術等にも迅速に対応しています。輸血検査専用の管理システムを用いて、血液型等の検査成績を管理し、輸血用血液製剤の管理も一括して行っています。患者さんにはバーコード認証を行い、より安全な輸血ができる体制作りをしています。  
微生物検査部門では、感染症を発症された患者さんの痰・尿・便などあらゆる材料から原因細菌を分離し、さらに薬剤感受性試験を実施して有効な抗生剤の種類を判定します。インフルエンザやピロリ菌呼気試験など各種抗原検査を実施し、迅速な診断に貢献しています。近年の耐性菌増加に対しては様々な検査方法を取り入れ、院内感染サーベイランスに対応しています。細菌検査システムでの一括管理を行い、材料別検出菌・主要細菌感受性データを電子カルテ上で閲覧できるよう開示し、付加価値の高い報告を実施しています。
 病理部門では、組織診断標本作成及び手術中の迅速組織診断を行っています。組織診断は常勤病理医1名及び大学病理学教室とのダブルチェック体制となっています。病理解剖は1年以内での結果返却を原則としCPCを開催しています。
生理検査部門では、心電図、超音波、脳波、肺機能、聴力、神経伝導速度等の検査を行い、中でも超音波検査に力を入れ、生理検査所属技師は順次超音波検査士の資格を取得しています。TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)やVAD(補助人工心臓)などの最新医療にも医療チームとして積極的に参加しています。

診療科目

基本情報

開 設 昭和61年06月01日
病床数 350床(一般262床・療養50床)

交通アクセス

所在地 〒487-0016  春日井市高蔵寺町北2-52

車でご来院の方

  • 春日井インター(国道19号線)より国道155号線
    (インターを降りた最初の交差点です)を瀬戸方面に乗り換え直進。
    「出川橋東」を左折(右手に吉野家さんが見えます)。
    「高蔵寺北」を直進。

電車でご来院の方

  • ・JR中央線、高蔵寺駅で下車。北口より西へ徒歩5分
    ・愛知環状鉄道線、高蔵寺駅で下車。北口より西へ徒歩5分

病院へのお問い合わせ(総合窓口)

関連リンク

ページの先頭へ